Publications with comment

査読付き or 投稿中

  1. "Quantum phase transitions driven by rhombic-type single-ion anisotropy in the S=1 Haldane chain",
    Yu-Chin Tzeng, Hiroaki Onishi, Tsuyoshi Okubo, and Ying-Jer Kao,
    Physical Review B 96, 060404(R) (2017). (arXiv:1705.01558)
    よく扱われる Szの形の一軸異方性に加えて、 Sx- Syの形のrhombic異方性が存在する場合のS=1 Haldane鎖の基底状態相図をDMRGで計算した話。大久保は、基底状態相図の対称性の議論と、臨界点でのrhombic異方性項の重要性の議論で寄与しました。
  2. "Weak ferromagnetic order breaking the threefold rotational symmetry of the underlying kagome lattice in CdCu3(OH)6(NO3)2⋅H2O",
    R. Okuma, T. Yajima, D. Hamane, T. Okubo, and Z. Hiroi,
    Physical Review B 95, 095427 (2017). arXiv:1703.09357).
    現実のカゴメ格子磁性体には少なからず存在する異方性により、カゴメ格子の回転対称性を破った磁気的な基底状態が現れる話。大久保は、基底状態の縮退度とそれから期待される相転移の臨界現象の議論に寄与しました。
  3. "Ground state properties of Na2IrO3 determined from ab initio Hamiltonian and its extensions containing Kitaev and extended Heisenberg interactions",
    T. Okubo, K. Shinjo, Y. Yamaji, N. Kawashima, S. Sota, T. Tohyama, and M. Imada,
    Physical Review B 96, 054434 (2017). (arXiv:1611.03614).
    強いスピン軌道相互作用が存在する物質 Na2IrO3の基底状態について、テンソルネットワーク法、2次元密度行列繰り込み群法、厳密対角化法の三種の数値計算を駆使して、研究しました。大久保の寄与は主に、テンソルネットワーク法による計算の部分と、数値計算全体をまとめた結果の議論、解釈の部分です。
  4. "Experimental Realization of a Quantum Pentagonal Lattice",
    H. Yamaguchi, T. Okubo, S. Kittaka, T. Sakakibara, K. Araki, K. Iwase, N. Amaya, T. Ono, and Y. Hosokoshi,
    Scientific Reports5, 15327 (2015).
    5角形の相互作用ループを持つ有機磁性体の実験の論文です。相互作用ハミルトニアンの推定等において、数値計算を用いた議論で貢献しました。
  5. "SU(N) Heisenberg model with multi-column representations",
    T. Okubo, K. Harada, J. Lou, and N. Kawashima,
    Physical Review B 92, 134404 (2015). arXiv:1504.05332).
    SU(N)対称性に拡張した正方格子上のハイゼンベルグ模型の基底状態を量子モンテカルロ法で調べました。特に、Nが小さい反強磁性秩序相とNが大きいVBS相との間に何らかの中間相が存在するかどうかに注目しましたが、調べた範囲では中間相の存在は確認できませんでした。“脱とじ込め転移”プロジェクトの一部です。
  6. "Scaling relation for dangerously irrelevant symmetry-breaking fields",
    T. Okubo, K. Oshikawa, H. Watanabe, and N. Kawashima,
    Physical Review B 91, 174417 (2015). arXiv:1411.1872).
    臨界固定点ではイレレバントだけど、秩序相の固定点ではレレバントになるような「危険なイレレバント場」が存在するときに現れる、「2つの長さスケール」とそれらの間の関係式についての議論。理論の予想を数値計算で確かめるところがかなり大変だった。この研究を通じて、くり込みの理解が深まりました。
  7. "Field-induced incommensurate phase in the strong-rung spin ladder with ferromagnetic legs",
    H. Yamaguchi, H. Miyata, M. Yoshida, M. Takigawa, K. Iwase, T. Ono, N. Kase, K. Araki, S. Kittaka, T. Sakakibara, T. Shimokawa, T. Okubo, K. Okunishi, A. Matsuo, and Y. Hosokoshi,
    Physical Review B 89, 220402 (2014). arXiv:1406.2231).
    強磁性相互作用を持つ一次元鎖が反強磁性で結合した一次元梯子系と期待される有機物質の研究。実験がメインですが、モデルパラメタの推定に量子モンテカルロで少しだけ貢献しました。個人的には、「ALPSを実験家に使ってもらおうプロジェクト」の一部です。
  8. "Snapshot spectrum and critical phenomenon for two-dimensional classical spin systems",
    Y. Imura, T. Okubo, S. Morita, and K. Okunishi,
    Journal of Physical Society of Japan, 83, 114002 (2014) .
    arXiv:1402.6767).
    二次元格子上のイジング模型やポッツ模型等のスナップショットをある種の「画像」として解析して、その特異値分解スペクトルの性質を調べた研究。神戸で開かれたテンソルネットワークの研究会で奥西さんのポスター発表を聞いたことがきっかけで、スペクトル分布の理解に貢献できました。
  9. "Kagome-Triangular Lattice Antiferromagnet NaBa2Mn3F11",
    H. Ishikawa, T. Okubo, Y. Okamoto, and Z. Hiroi,
    Journal of Physical Society of Japan, 83, 043703 (2014). arXiv:1403.2128).
    カゴメ格子と三角格子の中間のような「カゴメ・三角格子」を形成する物質の研究。物質の合成と基本的な物性を測定した実験がメインですが、古典モンテカルロシミュレーション等を用いて、この物質で「Cuboctahedral(立方八面体)」型の立体的な秩序が生じている可能性を提案する形で寄与しました。そのうち、理論パートの論文がまとまる予定です。
  10. "Various regimes of quantum behavior in an S=1/2 Heisenberg antiferromagnetic chain with fourfold periodicity",
    H. Yamaguchi, T. Okubo, K. Iwase, T. Ono, Y. Kono, S. Kittaka, T. Sakakibara, A. Matsuo, K. Kindo, Y. Hosokoshia,
    Physical Review B 88, 174410 (2013). arXiv:1311.4763).
    4副格子の一次元量子スピン系で良く表せる有機物質の磁性に関する研究。実験がメインですが、僕は量子モンテカルロによるモデルパラメタの決定と、有効模型の導出・解析で寄与しました。
  11. "Possibility of Deconfined Criticality in SU(N) Heisenberg Models at Small N",
    K. Harada, T. Suzuki, T. Okubo H. Matsuo, J. Lou, H. Watanabe, S. Todo, and N. Kawashima,
    Physical Review B 88, 220408(R) (2013). arXiv:1307.0501).
    大規模量子モンテカルロ計算により、新しいタイプの相転移と期待される、"脱とじ込め転移"の可能性を探った研究。沢山のメンバーで、複数のアプローチで調べている内容の公開、第一弾。
  12. "Finite-temperature transition of the distorted kagome-lattice Heisenberg antiferromagnet",
    H. Masuda, T.Okubo and H. Kawamura,
    Physical Review Letters 109, 057201 (2012). (arXiv:1201.5441).
    低温までしっかり調べたら驚くべき結果がでてきた。転移の詳細についてかなり熱く議論したけれど、この論文の段階では、まだ完全には決着していない。
  13. "Multiple-q states and the skyrmion lattice of the triangular lattice Heisenberg antiferromag in magnetic fields ",
    T.Okubo, S. Chung and H. Kawamura,
    Physical Review Letters 108, 017206 (2012). ( arXiv:1109.6161).
    個人的には、かなり面白いと思う。実験の人に興味を持ってもらえると嬉しい。
  14. "Cubic and non-cubic multiple-q states in the Heisenberg antiferromagnet on the pyrochlore lattice",
    Tsuyoshi Okubo, Trung Hai Nguyen and Hikaru Kawamura,
    Physical Review B 84, 144432 (2011). (arXiv:1107.5440).
    僕がMultiple-qの秩序を初めて認識した問題。実験的に対応する物質が見つかれば面白いのだけど…。
  15. "Novel spin-liquid states in the frustrated Heisenberg antiferromagnet on the honeycomb lattice",
    S. Okumura, H. Kawamura, T. Okubo and Y. Motome,
    Journal of Physical Society of Japan, 79, 114705 (2010) . ( arXiv:1004.4441).
    最近の実験に触発されて始まった研究です。この論文はJPSJの "Editors' Choice" に選ばれました。
  16. "Signature of a Z2vortex in the dynamical correlations of the triangular-lattice Heisenberg antiferromagnet" ,
    T. Okubo and H. Kawamura ,
    Journal of Physical Society of Japan, 79, 084706 (2010) (arXiv:1004.4730 ).
    阪大に来てからの仕事その2。やったことのうち、本当のエッセンスのみを凝縮したので、書いてない詳細なネタが残ってます。
  17. "Phase transition of the three-dimensional chiral GL model
    --- search fo the chiral phase" ,
    T. Okubo and H. Kawamura,
    Physical Review B 82, 014404 (2010).
    (arXiv:1001.4662).
    阪大に来てから最初に形になった仕事。分からないことばかりで、苦労しました。この論文はPRBの "Editors' suggestion" に選ばれました。
  18. "Z2-Vortex Ordering of the Triangular-Lattice Heisenberg Antiferromagnet",
    H. Kawamura, A. Yamamoto and T. Okubo,
    Journal of the Physical Society of Japan 79, 023701 (2010) (arXiv:0909.0121).
    阪大に来てからの始めての論文。
  19. "Mean-field analysis of phase transitions in the emergence of hierarchical society",
    T. Okubo and T. Odagaki,
    Physical Review E 76, 036105 (2007).
    新幹線の中で閃いたことが基になっているので、思い入れがある論文です。
  20. "Dissipative process under a boundary perturbation",
    T. Okubo and T. Odagaki,
    Physical Review E 73, 026128 (2006).
    修論の三分の二くらいをまとめたものが論文になりました。
  21. "Random packing of binary hard discs"
    T. Okubo and T. Odagaki
    Journal of Physics : Condensed Matter 16, 6651 (2004).
    卒業研究+αをまとめたものが論文になりました。

依頼された文章

  1. "Massively parallel Monte Carlo simulation of a possible topological phase transition in two-dimensional frustrated spin systems"
    Tsuyoshi Okubo, Invited paper in ISSP Supercomputer Activity Report 2016.
  2. 「第8回日本物理学会若手奨励賞を受賞して」
    大久保毅 物性研だより 第54巻第2号 2014年7月 (PDFが物性研のwebサイトにあります)
  3. 「フラストレート磁性体における多重Q秩序とスカーミオン格子状態」
    大久保毅、川村光 日本物理学会誌 Vol. 67, No. 7, 2012
  4. "Multiple-q states and skyrmion lattice in frustrated triangular-lattice Heisenberg antiferromagnet"
    Tsuyoshi Okubo and Hikaru Kawamura, Invited paper in ISSP Supercomputer Activity Report 2012.

学位論文

  • 卒業論文:「ニ成分剛体円盤のランダムパッキング」 大久保毅2003年3月

    大きさの異なる二種類の剛体円盤を、平面内にランダムに充填した時に、円盤の半径比・濃度に応じて充填率がどのように変化するのかを調べました。目の前に立ちはだかる壁は高かったです。

  • 修士論文:「量子力学に従う粒子の初到達時間と境界摂動に対する応答」 大久保毅2005年3月
  • 博士論文:"Linear Response under a Boundary Perturbation" Tsuyoshi Okubo 2008年3月