メンバー

P4190841-756.jpg

(左から、吉岡、石川、白井、島垣、鈴木、藤堂、堀田、中西、足立、山本、大久保、佐藤)


写真集


元メンバー

  • 柴崎 彬 (2005年4月〜2007年3月 修士課程) (現 キヤノン株式会社)
    • 修士論文「擬一次元量子反強磁性体における鎖間相互作用の効果の数値的研究」
  • 福井浩紀 (2006年4月〜2008年3月 修士課程) (現 Morgan Stanley)
    • 2006年度 数学1D TA; 2007年度 ナノ磁性RA
    • 修士論文「O(N) Monte Carlo Method for Spin Systems with Long-range Interaction」
  • 中川西博文 (2008年12月〜2009年3月 特任研究員)
  • William Nicolazzi (2009年5月〜2009年11月 特任研究員) (現 Toulouse)
  • 金井龍一 (2008年4月〜2011年3月 修士課程) (現 金融庁)
    • 2008年度 数学2D TA; 2008〜2009年度 ナノ磁性RA
    • 修士論文「Quantum Monte Carlo Study of Entanglement Entropy」
  • 松尾春彦 (2008年7月〜2012年3月 特任研究員) (現 株式会社PEZY Computing)
  • 本山裕一 (2009年4月〜2014年3月 修士/博士課程) (現 東京大学物性研究所)
    • 2009〜2011年度 ナノ磁性RA; 2011〜2012年度 GCOE RA; 2012年度〜2013年度 物性研技術補佐員; 2013年度 工学系研究科博士課程学生特別奨励制度(SEUTフェローシップ)
    • 修士論文「Quantum cluster Monte Carlo method for the ground state of frustrated spin systems」
    • 博士論文「Quantum Monte Carlo approach to the quantum phase transition in low-dimensional antiferromagnets in terms of the Berry phase」
  • 柳澤孝一 (2013年4月〜2015年3月 修士課程) (現 デンソー)
    • 修士論文「Tensor network study of two-dimensional frustrated quantum spin model」
  • 五十嵐亮 (2012年4月〜2013年3月 学術支援員、2013年4月〜2016年1月 特任研究員) (現 東京大学情報基盤センター)
  • 坂下達哉 (2012年4月〜2016年3月 特任研究員) (現 名古屋大学)
  • 安田真也 (2011年4月〜2016年3月 修士/博士課程) (現 NEC)
    • 2011年度 数学2D TA; 2011年度 統計力学第二 TA; 2011年度 ナノ磁性RA; 2012〜2015年度 フォトンサイエンス・リーディング大学院(ALPS)コース生
    • 修士論文「Numerical Analysis of Quantum Phase Transitions with Dynamic Control of Anisotropy」
    • 博士論文「Study of quantum criticality with strong space-time anisotropy by quantum Monte Carlo with stochastic optimization」
  • 坂川泰章 (2014年4月〜2016年3月 修士課程) (現 パナソニック)
    • 修士論文「Search for novel quantum phase of He4 with continuous-space path-integral Monte Carlo」
  • Alexander Wietek (2016年9月〜2017年3月 Visiting Researcher (Graduate Student)) (現 インスブルック大)