量子ダイマー模型における非局所更新モンテカルロ法

cacao.png量子ダイマー模型は1988年にRokhsarとKivelsonによりフラストレートした磁性体の低エネルギー有効模型として提案された。それ以来精力的に様々な研究が行われている。量子ダイマー模型のハミルトニアンには負符号問題はないが、ダイマーの配置に強い幾何学的な制限があるため、モンテカルロシミュレーションは非常に困難であった。近年、2次元量子ダイマー模型に対して、Stochastic Series Expansion法に基づく新しい量子モンテカルロ法が提案された。我々はその手法を他の格子やさらに複雑な制限を持つ量子ダイマー模型に拡張した。さらに、異なるトポロジカルセクターの間を遷移することのできる手法を開発した。これらの手法により絶対零度に加え有限温度の相図を議論することが可能となった。